WordPressの各機能説明

  Wordpressの機能紹介

ここでは、Wordpressが持つ基本機能を簡単にご説明いたします。

WordPressについてで少しご説明していますが、Wordrepssは使用するテーマやカスタマイズで色々と機能を追加することが可能です。
ここでは、テーマやカスタマイズになく、「もともとWordpressが持っている機能」について説明いたします。

どのテーマを使用しても共通となる機能になります。
WordPressを使い始める前に少し理解しておくと操作しやすいです。
説明は、Wordpressの管理画面左側に表示されるメニューに沿って説明しています。


ページ作成機能は2種類/固定ページ・投稿

WordPressの大きな特徴として、ページ作成機能が2種類あります。
これをまずはしっかり理解して、どちらを使うほうが良いのか、適切な方を使いページを作成していくことが大事になります。

固定した内容を載せる「固定ページ

1つ目は、固定した内容を載せる「固定ページ」と言われるものです。

名前の通り、固定されたページになりますので、「一度掲載したらほとんど更新が必要のないページ」を作成するのに適しています。
例えば、料金ページやお問い合せページなど、一度作成したら内容を変更する頻度が少ないページに使用します。

固定ページ

ページを追加し続ける「投稿

2つ目は、ページを追加し続けることに適している「投稿」と言われるものです。

ブログのような「ページをどんどん追加していくもの」は、この投稿で記事を書いていきます。
投稿の特徴的な機能としては、
・カテゴリー分けやタグをつけて、ページをグループ分けすることができる
・投稿ページで作成したページを、一覧で表示することができる

というものがあります。

投稿ページ

これらは固定ページにはない機能になるので、上手に活用すると色々なことができます。


ファイルを管理する/メディア

ページを作成するときに、画像をたくさん使用します。
場合によっては、資料を掲載したりすることもあると思います。

そういった画像ファイルやドキュメントファイルを管理するのが「メディア」と言われる機能になります。

メディアにファイルをアップロードすることで、ページに表示させることが可能になります。

メディア

コメントを管理する/コメント

コメントとは、ブログでよく見る機能ですが、ページの一番下に読んだ人がコメントを残せるというものです。
下図のような感じでコメント入力欄が表示され、ページを書いた人とコミュニケーションをとることができます。

使用しない場合が多いですが、コメントの許可/不許可の設定ができるようになっているため、必要に応じて使用します。
使用する場合は、コメントスパムに注意が必要です。

コメント

見た目の設定をする/外観

見た目に関する設定は、「外観」から行うことができます。
使用するテーマの変更や、メニューを変更したいときはここから行います。

外観

外観の中にもメニューがあり、
・テーマ:テーマの変更などテーマに関する設定
・カスタマイズ:サイト名の設定など基本設定
・ウィジェット:ウィジェットと呼ばれるパーツの表示設定
・メニュー:メニューの表示設定
・ヘッダー:ヘッダー画像の設定
・テーマエディター:PHPファイル・CSSファイルの編集
など様々な設定が行えるようになっています。


機能を追加する/プラグイン

WordPressの特徴でもある機能のカスタマイズは、「プラグイン」と言われるパーツを追加することで行うことができます。

プラグインは、WordPressの公式サイトにたくさん用意されており、用途に合わせて必要な機能を追加できます。

プラグイン

ただし、プラグインは、使用しているWorpdressのバージョンやテーマによって使用できるもの・できないものがあるので、注意が必要です。


使う人の管理をする/ユーザー

WordPressにログインできる人の管理を行うのが、「ユーザー」です。

サイト運用を自分1人で行う場合は、あまり使用することはありませんが、複数人でサイトを運用する際に使用します。

ユーザー

使用する人の追加・削除や、権限と言われる「編集したり閲覧できる範囲」を設定することも可能です。


普段は使用しない/ツール

ツールにある機能は、通常のサイト運用で使用する機会はほぼありません。
サイトをお引越しする際などに、データをエクスポート・インポートするなどで使用します。


サイトの基本設定をする/設定

WordPressを使用し始める際に、一番最初にこの「設定」の項目を設定します。

設定

サイトのタイトルであったり、URLなど一番基本となる設定になりますので、使い始める前に必ず確認・設定をしてください。
使い始めてから設定を変更すると、不都合が発生する場合もあるので、注意が必要です。